社会保険労務士による 年金・労務・医療介護の悩み事 相談サイト

松田社会保険労務士事務所
東京都新宿区西新宿3-1-5 電話:03-6421-4423 FAX:03-3395-3555

最近の法改正

最終更新日:2013年05月04日 10:57:33.

最近の法改正

 

改正法施行への対応に留意

 

前国会(第180回通常国会)では、最終的には、

労働安全衛生法を除き、以下の各法が成立しています。

とくに高年齢者雇用安定法、労働契約法は

平成25年4月施行です。法改正への対応に留意ください。

 

高年齢者雇用安定法

   提出日:平成2439

   成立日:平成24829

   公布日:平成2495

   施行日:平成2541

 

労働契約法

   提出日:平成24323

   成立日:平成2483

   公布日:平成24810

   施行日:一部は公布日、その他は平成2541

 

労働者派遣法

   提出日:平成2246

   成立日:平成24328

   公布日:平成2446

   施行日:一部は平成27101日、その他は平成24101

 

雇用保険法

   提出日:平成24127

   成立日:平成24328

   公布日:平成24331

   施行日:公布の日

 

労働安全衛生法

   提出日:平成23122

   成立日:継続審議

   施行日:一部を除き公布の日から1年以内

 

 

 

 

 

 

 

次世代法が改正されました(事業主の皆さまへ)

次世代法が改正され平成2141日から施行されました。

改正内容は大きく分けると次の通りです。

(1)一般事業主行動計画の公表と従業員への周知

―抄醗301人以上の企業の義務化

⊇抄醗300人以下の企業は努力義務化

(2)認定基準の変更

(3)策定および届出の義務化

―抄醗101人以上300人以下の企業の義務化は平成2341

(4)認定様式の変更

 

今回の法改正は従業員が仕事と子育てを両立しながら、安心して

能力発揮ができるよう、労働環境の整備を進めるための法改正です。

 

 

改正雇用保険法が成立施行されました

改正雇用保険法が平成21年327日に成立し、331日から即、施行されました。

今回の法改正は大きく分けると次の通りです。

 

(1)雇用保険の適用範囲拡大

(2)雇い止めとなった非正規労働者の基本手当の受給資格要件の緩和、

  および所定給付日数の拡充、

(3)再就職困難者に対する給付日数の延長、

(4)再就職手当の給付率の引上げ、支給要件の緩和、

(5)常用就職支度手当の給付率引上げ、支給対象拡大、

(6)育児休業給付の統合、給付率引上げ措置の延長、

(7)雇用保険料率の引下げ、

 

今回は成立から施行までの期間が非常に短く、改正内容の再確認が大変重要です。

 

改正労働基準法がついに成立しました

改正労働基準法が、平成20125日の参議院本会議において可決・成立しました。「割増賃金の割増率アップ」と「時間単位有休制度の創設」を柱とする内容です。施行は平成22年4月の予定です。

 

 

改正パートタイム労働法が施行されました

平成2041日に施行された同法の概要は「労働条件の文書交付等」「待遇の決定についての説明義務」「均衡のとれた待遇の確保の推進」「通常の労働者への転換の推進」「苦情処理・紛争解決の援助」の各点です。

このうち均衡待遇については、パートタイム労働者の待遇について通常の労働者との働き方の違いに応じ均衡(バランス)を図るための措置を講じる内容です。

 

 

労働契約法が施行されました

平成20年3月1日から労働契約法が施行されました。内容は先般ご報告の下記の通りです。労働契約法は民法の特別法の位置づけにあり、労働基準法のような罰則や行政の監督指導はありませんが、逆に民法上の責任が問われることになります。

 

なおパートタイム労働法は、平成20年4月1日から施行されています。

 

 

労働契約法・改正最低賃金法が成立しました

平成19年11月28日の参議院本会議で、

雇用条件や転籍等の雇用ルールを明文化する「労働契約法」、地域別に最低賃金の引上げを促す「改正最低賃金法」が成立しました。

「労働契約法」は、有期雇用労働者を契約期間中に解雇する場合、「やむを得ない事由がある場合でなければ」解雇できないと修正され、「改正最低賃金法」は、「労働者が健康で文化的な最低限度の生活を営むことができるよう」との文言が追加されています。

 

労働契約法は平成20年3月1日からの施行です。

 

 

雇用保険の受給資格要件が変わりました

これまでの週所定労働時間による被保険者区分(短時間労働者以外の一般被保険者/短時間被保険者)がなくなり雇用保険の基本手当の受給資格要件が一本化されました。原則として平成19101日以降に離職された方が対象です。

基本手当を受給するためには、週所定労働時間の長短にかかわらず原則12月(各月11日以上)の被保険者期間が必要です。倒産・解雇等では6月(各月11日以上)が必要です。

 

 

製造業務の派遣可能期間が最長3年となりました

 製造業務について、派遣先の事業所その他派遣就業の場所ごとの同一の業務に係る派遣の受入可能期間は1年ですが、平成19年3月1日から、最長3年の定めをすることが可能となりました。(労働者派遣法第40条の2第2項)

 

 

改正雇用保険法案のポイント

短時間労働被保険者とそれ以外の被保険者の区分がなくなり、被保険者資格が一本化されます。現行では、1週間の所定労働時間が2030時間の労働者は短時間労働被保険者という区分に該当し、失業給付(基本手当)を受給するための被保険者期間は12月(短時間労働被保険者以外の一般被保険者は6月)でしたが、受給資格要件は被保険者期間6月に一本化されます(ただし、自己都合等による離職の場合の被保険者期間は12月)。該当の内容は平成1910月から施行される予定です。

 

 

労働安全衛生法(平成1841日施行)

事業主は、月100時間を超える、もしくは26ヶ月のいずれかの月平均時間外労働が80時間を超える時間外労働を行った労働者に対して、産業医等による面接指導を行うこととしました。また.産業医が必要と認める場合は、その従業員に対して臨時の健康診断を実施し、その結果に基づく事後措置を行うものとしています。

 

 

高年齢者雇用安定法(平成1841日改正)

高年齢者雇用安定法の改正により、会社に対して段階的に65歳までの雇用継続義務が課されるようになりました。これに対応するために会社は次の3つの措置のいずれかを講ずる必要があります。…蠻の定め自体を廃止する。定年を65歳まで引き上げる。D蠻後の再雇用制度を設け、希望者を再雇用する。

 

 

健康保険法等の負担率引き上げなど一連の改訂内容

[平成204月から]乳幼児に対する患者負担軽減(2割負担)の対象年齢を3歳未満から義務教育就学前まで拡大

[平成204月から]70歳から74歳までの高齢者の患者負担を1割から2割に引き上げ

[平成194月から]傷病手当金・出産手当金の支給率等を見直し

[平成1810月から]現役並みの所得がある高齢者の患者負担を2割から3割に引き上げ

[平成1810月から]療養病床に入院する高齢者の食費・居住費の負担を見直し

 

 

 

 

 

 

Copyright C 2005-2007 Matsuda Certified Social Insurance Labour Consaltunt Office All Rights Reserved.